「木固めエースの一番のよさは表面をなめらかにしてくれること。木のスプーンに使うと、舌触りが違います」 (コバヤシユウジさん/MWC.WORKSHOP代表)

コバヤシユウジさん

コバヤシユウジさんは長野市郊外に工房をかまえる木工家。器やカトラリーを中心とした作品の大半に木固めエースを使っています。採用の理由と評価ポイントをお聞きしました。

Q.15年以上、木固めエースを愛用されているそうですね。

はい、独立する前、家具工房で働いていたころから使っています。木固めエースのことは『手づくり木工事典』という木工専門誌で知りました。生木で器を作ろうというページで、生木の狂いを防ぐ塗料として木固めエースが推奨されていたんです。

独立を目指し、木のカトラリーを作ってみようと思っていた矢先だったので、さっそく試してみました。木固めエースは、オイルだけで仕上げたときよりも作業効率が断然いいし、摩耗にも強い。価格、性能、使い勝手のバランスのよさでは木固めエースを上回る下塗り材はないと思いますよ。

工房の様子
白木の器、スプーン、箸など口に触れるものは必ず木固め剤で仕上げている。

Q.どんなアイテムに木固めエースを使っていますか?

カトラリーだけでなく、ブックスタンドやテーブルにも使っています。当初はカトラリーや木の器の耐久性アップのために使うつもりでしたが、オイルやワックスだけで仕上げたときより、表面のなめらかさがまったく違うんです。とくにカトラリーには欠かせません。人間のくちびるは指先以上に敏感ですから。食品衛生法の基準をクリアしているから、お客さまに自信をもってすすめられるのもポイントですね。

器に関していえば、狂いを防ぐ効果も多少はあるようです。同じ木で作った器を、オイルだけ、木固めエース併用で仕上げてみて、違いを検証したことがあります。そのときオイルだけで仕上げた器は少し反ってしまいました。もちろん、個体差や使用環境のせいもあると思いますが。

コバヤシユウジさんの作品
コバヤシさんの作品。これらは木固めをした後、ワックスで表面を仕上げてある。

Q.仕上塗装にワックスを使っているのはなぜですか?

メーカーは専用のウレタン塗料(仕上げクリアー)で仕上げることをすすめていますよね。私も以前はウレタン塗料で上塗りしていましたが、いまは木固めエースを2、3回重ね塗りしたあとにアメリカ製のワックス(ブッチャーブロックコンディショナー)を塗って仕上げています。理由は単純でウレタン塗装の過剰なつやが好きじゃないからです。それにワックスだと、お客さまが自分で手入れをしながら長く使うことができます。

ただし、木固めエースとワックスの組み合わせは、樹種を選ぶ必要があるなというのが私の印象です。チェリーやウォールナット、メイプルなどの散孔材は相性がすごくいいのですが、ナラやケヤキなどの環孔材はワックスが乾きにくく、あまり相性がよくありません。仕上げ塗りは今も試行錯誤をくり返していて、いまは木固めエースと水溶性のガラス塗料を組み合わせたアイテムも試験的に作っています。

コバヤシユウジさんのベピースプーン
離乳食スプーンにも木固めエースを使用。表面の平滑さが格段に増すという。

Q.木固めエースをはじめて使う人へアドバイスをお願いします。

木固めエースはスプレーガンを使わずにウエスやドブ漬けで塗れますし、失敗してもシンナーで簡単にはがすことができます。神経質にならず、どんどん試してみて自分なりのやり方を見つけるのが一番だと思いますよ。あとは当然のことですが、手袋をきちんとして、換気をしっかりして、塗ってから最低半日以上は乾燥させるように気をつけてください。私の場合は、1日の仕事の最後に塗装をして、24時間は乾燥させるようにしています。そうすれば朝出社したときにシンナー臭がだいたい消えていますから。

木固めエースを塗る
スプレーガンを使わなくてもウエスで簡単に塗れるのが木固めエースのよさ。

コバヤシユウジさん Profile
コバヤジユウジ◎木工家。1973年長野県生まれの大阪育ち。大学卒業後、京都のインテリアショップで注文家具制作に従事。1999年に長野市へ移住。2001年長野市郊外に「MWC.WORKSHOP」を設立。日本クラフト展をはじめ、公募展での入選多数。
ホームページ:http://www.mwcworkshop.com